【外国人観光客御用達口コミツール】「大衆点評」を活用できていますか。

私たち日本人が飲食店に行列するように、外国人観光客が飲食店に行列している姿も珍しくない光景となっています。私達が日本国内で「何を食べよう?」と迷った際に参考にするのは大手国内口コミサイトですが、渡航先では事前に調べてプリントアウトした情報やガイドブックの情報を参考にすることが多いかと思います。しかし、今や外国人観光客の手から煌びやかな表紙のガイドブックはなくなりつつあるようです。ガイドブックの代わりにどんな情報を頼りにし、現地でリアルタイムに店舗を検索しているのでしょうか。外国人観光客の中でも中国人観光客が参考にしている「大衆点評」という口コミサイトは一体どんなサイトなのでしょうか。なぜ渡航先でも多くの利用者がいるのでしょうか。「大衆点評」には日本企業も情報掲載が可能となっているので、どのような仕組みなのか見ていきましょう。

■大衆点評とは?
まずは大衆点評とはどんなインターネットサービスなのか、詳しく解説します。
中国で最大規模を誇る口コミサイト、訪日中の利用も一般的

大衆点評(たいしゅうてんぴょう/ダージョンディエンピン)とは、世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する、中国最大の口コミ投稿サイトです。中国の美団点評社により、2003年4月にサービスが開始されました。

日本の展開エリアは東京・大阪・京都・名古屋・北海道を中心に30エリアを超えており、50万店舗が登録されています。大衆点評の日本総代理店によれば、訪日中国人の約45%が使用しているそうです。

登録された店舗のページから、店名、住所だけが大きく表示される機能もあり、これをタクシー運転手に見せるといった使い方もされていると考えられます。

■FITの増加でSNSやブログ型メディアの重要性高まる
近年、訪日中国人のFITが増加し、それにより旅行産業におけるSNSやブログ型メディアの重要性がより高まっています。FIT(Foreign Independent Tour)とは個人手配の海外旅行を意味し、従来の団体旅行とは異なり行先を旅行者自身で決定できることが特徴です。
こうした環境で、訪日中国人がどのように行先を決定しているのかについて解説します。

■FITの増加でSNSやブログ型メディアの重要性高まる
近年、訪日中国人のFITが増加し、それにより旅行産業におけるSNSやブログ型メディアの重要性がより高まっています。FIT(Foreign Independent Tour)とは個人手配の海外旅行を意味し、従来の団体旅行とは異なり行先を旅行者自身で決定できることが特徴です。
こうした環境で、訪日中国人がどのように行先を決定しているのかについて解説します。

■ 訪日中国人観光客のインバウンド市場は団体から個人旅行にシフト
近年、中国からの訪日観光客において「個人旅行化」が進んでいます。2017年3月に発表された観光庁の調査結果によると、個人旅行の割合は2010年には22.5%でしたが、査証(ビザ)の要件緩和などで2016年には50%を超えました。
訪日中国人のFIT層はリピーターが多く、消費額や地方訪問率も高いため、インバウンド関連事業を行う組織にとっては1人当たりの利益が高くなります。こうした理由から、観光業界で訪日中国人FIT層は注目を集めています。

■FIT(海外個人旅行)はSNSやブログで情報収集
口コミを重視する中国人は、検索エンジンやSNSだけでなく、購買チャネルであるOTA(オンライントラベルエージェンシー)のサイトに掲載されている口コミも参考にしながら、旅先での過ごし方を検討します。
特に、周囲と差別化を図りたいという思いが強く、まだあまり他人が経験したことのない旅行を求めている個人旅行(FIT)層は、「UGC」つまりユーザーによるオリジナルのコンテンツが見られるサイトやアプリに価値を見出しています。旅行記というコンテンツが集積される「馬蜂窩(Mafengwo/マーフォンウォー)」や「穷游(Qyer)」はこうしたサービスの代表で、ブログ型メディアとも呼ばれます。
旅マエの情報収集においては、SNSのWeiboやWeChatでの口コミに加えてこれらサービスの存在感も高まっています

■口コミサイト大衆点評のFITにおける利用率は?
中国政府のデータによると、日本を訪れる中国人FITの30%以上が旅行前に大衆点評のレビューを参考にしています。大衆点評に掲載されるだけでも集客の可能性が高まりますが、SNSやブログと併用して情報を発信するとより効果的であると言えるでしょう。

出典:訪日ラボ (最終閲覧日:2019年5月29日)
https://honichi.com/news/2019/05/29/taisyutenpyo/

まとめ

「大衆点評」は単なる口コミサイトだけではなく、ナビゲーションツールとしても利用されることで、事前に情報を調べ現地でも使用するというサイクルが完成しているのが利用者獲得の秘訣と言えるでしょう。現地でのリアルな口コミが今後も増えていく「大衆点評」へ情報掲載し、新たな集客の流れを作ることもできるので外国人観光客の集客を検討している場合は「大衆点評」への掲載も集客への大きな一歩と言えるでしょう。

弊社では、御社の魅力を中国SNS「ウェイボー」・グルメ口コミサイト「大衆点評」の運営お手伝いを致します。

関連記事

  1. 「大阪らしさ」とは?関西のインバウンド潮流を読み取る

  2. 訪日観光客を呼び込め! 観光客の動向とその対策 その③ 旅ナカ対策のイ…

  3. 大阪の“新世界”、世界の“新世界”へ

  4. ネット利用増加が意味するものは?今後の訪日観光客の流れをつかむポイント…

  5. 「Youtube」の基本と、息切れしない運営をするコツ。

  6. アンケートに見る訪日客の動向