キャッシュレス決済導入のタイミングと契約会社の決め手とは。

訪日客を迎える準備として、最も重要と言っても過言ではない「決済」。以前までは「現金」と「クレジットカード」がメインではあったが、近年注目されているのは「QRコード」決済です。

現在、日本でメジャーなQR決済は「LINE Pay」「PayPay」などである。支払い側の特徴はそれぞれあるものの、導入店では種類が多いとどれを導入していいのか判断に困るのも事実です。そんな中待ってました!と言いたくなるサービスが登場したので、紹介します。

「StarPay」と呼ばれるこのマルチ決済は、ウィーチャットペイやアリペイや銀聯(UnionPay)をはじめ、日本のサービスであるLINEPayや楽天Pay、PayPayなど、国内外の各種キャッシュレス決済を1つにまとめ、1台の端末、1つの管理画面、1つの精算システムで行えるという。

ネットスターズが月末に一括して精算し、各加盟店に売り上げを分配するので、便利に安心して使える。18年にこのマルチ決済サービスを契約・導入した店舗は10万9400店舗におよぶという。

StarPayは、自動識別システムを備えているため、QRコードをスキャンする際に、決済サービス会社を指定したり、システムを切り替えたりする必要がない。
マルチ決済サービスは大手企業からも注目を集めており、NTT東日本や日本郵政グループ、LINE、新生銀行、ぐるなび、伊藤忠などと資本・戦略提携などを結んで、日本のQRコード決済市場を作り出している。
「日本政府はキャシュレス決済は87兆円市場になると見込んでいるようだが、実際のマーケットはさらに拡大中で、その達成速度もさらに早まるだろう」という。

出典元:ダイヤモンドオンライン(『東方新報』取材班) 2019.3.18)

まとめ

アジア圏以外からの訪日客も増えている中、今後も遅れず適応するのであれば多少の費用が掛かっとしても一括管理してくれるシステムを導入するのも視野に入れることが必要です。StarPayの今後の取り扱い拡大にも期待したいところです。

関連記事

  1. インバウンド対策!中国人篇① 富裕層のニーズとは?

  2. 【インバウンド企業情報】会員数3億人、従業員25,000人の「Ctri…

  3. 翻訳システム効果のほどは

  4. そもそもインバウンドとは。 なぜ今インバウンドが熱いのか。

  5. 免税売上高は訪日外国人が増えている大阪地区は前年同月比5.8%増だった…

  6. 訪日中国人を呼び込め! 大衆点評の機能と導入が必要な理由 その1 マッ…