中国向け電子決済システム導入料無料キャンペーン中……

中国三大決済である銀聯カード決済、アリペイ決済、ウェイチャットペイ決済は、ますます日本の各店舗に普及されています。

特にローソンは全店舗にアリペイ決済を導入後、町中のインバウンド集客したい、中国人観光客に来てもらいたい店舗がみんなアリペイ決済かウェイチャットペイ決済を導入されています。

中国では財布というものがますます生活から離れ、スマホ一台で全国どこでも行けるというのも過言ではなく事実です。大型スーパー、飲食チェーン店はもちろん、個人運営の屋台、売店でもアリペイ決済、ウェイチャットペイ決済を使うのが普通になっています。導入されてないところは商売ができなくなり、一部のスーパーやホテルではさらに現金が使えなくなっているのです。

そういう電子決済文化は中国全土に広がっています。初めて日本に来る観光客に対しては、日本の科学技術は中国よりはるかに高いので、電子決済は当たり前と思っている若者も多く、日本にやって来たらそうではなかったことに、がっかりしたという話もたまに耳にします。

大手百貨店は導入するのは当たり前だろうと思っている自営業者がたくさんいらっしゃると思います。実はもっと当たり前に導入していただきたいのが小売りをしている自営業者の方々だと思います。例えばたこ焼き屋さん、個人売店、屋台、果物屋さん等は特に導入するべきだと思います。

個人の経験談を言いますと、初めて日本に来た時、買い物の際、小銭の仕分けにとても困っていました。どれが500円、どれが100円、どれが50円、どれが10円、どれが5円、1円を一つずつ数字を見て確認してから店員さんに渡すので結構時間かかっていて、気づいたら後ろが行列になっていました。それで、祭りとかに行って、食べてみたいものあっても小銭を出して確認してから渡すのに時間がかかるのでやめておこうという事が結構ありました。見慣れている我々はすぐに分けられるのですが、、初めて日本に訪れる外国人にすると相当大変だというのがわかります。

ただ、そういう場合アリペイ決済やウェイチャットペイ決済等が導入されていれば、スキャンするだけで支払いが終わり、お釣りも出ず、小銭を確認する必要もなくなるので、もっと手軽で速く買い物できるので数百円の物はついつい買ってしまいます。それから、現金をもって支払いをする時、お金の減り具合が分かり予算を超えたことに気付き買い物を控えることがありますが、電子決済やクレジットカード決済の場合は目に見えないので、いつも予算をオーバーすることが多いです。なので、小売りの店舗の特にそういう電子決済を導入したほうが売上にもつながるし、販促にもなるでもっと導入すべきです。

今、弊社が代理しているアリペイ決済とウェイチャットペイ決済両方のマルチ決済であるNIPPONPAY決済は10月31日までキャンペーンを行っております。
今導入すれば、初年度システム利用料、専用タブレットレンタル料無料、更にクレジットカードのような端末は不要です。ただ、無料レンタルできるタブレットの数が制限がございますので、なくなり次第終了となります。

在日中国人、中国人観光客、香港、台湾からの観光客を店に来ていただきたい観光、飲食、小売り店運営の方々は是非、この機会をお見逃しなくお申込みください!!!

 

投稿者:呉 偉偉

関連記事

  1. 訪日観光客を呼び込め! Wechatの特色と機能 その1 LINEとの…

  2. 中国のゴールデンウィーク「国慶節」の動向とは・・・

  3. 中国人にとって週末に気軽に訪れる国…「日本」!?

  4. 「荒野行動」「第五人格」×「越境EC」の関係とは?

  5. 英語圏の訪日外国人集客! トリップアドバイザー① オンライン上の「顔」…

  6. 中国人旅行客の動向