春節期間の中国人海外旅行者の動向!

【ホッシーのつぶやき】

中国人の春節休暇中、アリペイによる海外決済回数は2019年同期比で7%増。
決済額は82%に回復といい、決済額の最多はタイで、日本も増加したといいます
公共交通機関の利用が多く移動費用が60%減とあり、海外旅行が減少し国内旅行が増加したと思われます。
 
パスポート発券数が340万冊とコロナ前に近い数字に回復したようです。渡航費用は高いですが、日本人の渡航も増えていくのかもしれません。
 
 
 
【 内 容 】
 
 
中国の決済サービス「アリペイ」を運営するアントグループは、2024年春節期間中の決済トレンドを明らかにした。それによると、春節休暇中の2月9日から12日にかけて、アリペイユーザーによる海外での決済回数は2019年同期比で7%増加。決済額は2019年同期の82%まで回復し、2023年同期比では2.4倍の増加となった。
 
中国人海外旅行者の決済額が最も多かった旅行先はタイ増加幅が最も高かったのはマレーシア。タイ、マレーシア、シンガポールのアリペイでの決済額は、2019年比で7.5%増加し、2023年比では580%増加した。
 
このほか、香港やマカオに加え、日本、タイ、マレーシア、シンガポール、韓国、フランス、オーストラリア、カナダでも決済額が増加した。
 
また、飲食への支出は2019年同期比で70%以上増加。旅行先が都市部の人気スポットから地方の観光地に広がりを見せていることもわかった。
 
一方、移動費用は約60%減少。その要因は、アリペイは、鉄道、タクシー、ライドシェア、レンタカー、バス、地下鉄、スクーターシェアなどさまざまな交通機関と提携していることから、公共交通機関をより多く利用する傾向があるためとしている。
 
このほか、クロスボーダーモバイル決済デジタルプラットフォーム「アリペイプラス」の提携Eウォレットによる越境決済額は前年比で252%増加。1日の平均決済回数は304%増と大幅に増加した。Eウォレットが最も利用された旅行先トップ5は、日本、韓国、マカオ、タイ、シンガポール(中国本土は除く)。
 
春節期間の中国人海外旅行者、アリペイ決済額1位はタイ、東南アジア3ヵ国で大幅増加、飲食での利用増(トラベルボイス 2024年2月26日)

関連記事

  1. 訪日外国人集客! Googleマップ③ 日韓関係悪化の中でも耐えうるイ…

  2. 訪日観光客を呼び込め! 観光客の動向とその対策 その② 旅ナカ対策のイ…

  3. インバウンド情報最前線!

  4. 知っておくべき中国のSNS事情 その2 -中国人ユーザーが求めるものと…

  5. 大阪万博へ始動!

  6. 「大阪らしさ」とは?関西のインバウンド潮流を読み取る