訪日観光客を呼び込め! ウェイボーの持っている集客に役立つ機能 その2 拡散機能

  今は中国向けプロモーション、訪日中国人集客の基本ともなりつつある中国SNSウェイボー。今回はその魅力を紹介します。前回はハッシュタグについて説明しました。これはFacebookや特にTwitter、Instagramといった日本でもなじみ深いSNSでも使われている機能であり、その違いから中国SNSの特徴とその可能性について紹介しました。今回はその2!「拡散機能」についてです。

  かつて中国版Twitterと評されたようにTwitterとの類似点が指摘されてきました。その大きな理由は二つ。一つ目は現在、ルールが改定されてその規定はありませんが、2016年まで140字という投稿文字数の制限にありました。ところが、現在では2000字まで投稿できるようになりました。余談ですが、実はTwitterでも制限文字数140字だったものが2017年11月以降、英語圏では280字までつぶやくことができるようになりました。その背景には文字言語である漢字が文字数が少なかったとしても多くの意味を伝えることができるというところに原因があるようです。

 二つ目の理由が今回紹介する「拡散機能」です。ツイッターの特徴でもある他の人のつぶやきを引用して自分のタイムラインにシェアすることができる「リツイート」機能ですが、実はウェイボーにも同じような「転発」と呼ばれる機能があって、同じく、人のつぶやきやシェアを自分のタイムラインに引き込んで自分のフォロアーのタイムラインにシェアすることができます。これを見たフォロアーがまた、「転発」すれば最初につぶやいた人が到底リーチできなかった人にまでそのつぶやきが拡散されます。

 かつて世界を席巻したツイッターのこの機能をウェイボーは持っているうえに、文字数の制限が拡大され、さらにはInstagramやYoutubeと同じように写真や動画を紹介するにも適したUIになっているというから驚きです。Youtubeでは毎日コツコツ動画を上げ続けて最低100以上投稿しなければ、多くの視聴数やチャンネル登録数を稼ぐことはできないといわれる中で、ウェイボーはそのコンテンツに力があれば、ほんの数分の間に1000人、あるいは数万人、数十万人にリーチすることもできてしまうのです。

◆まとめ◆
 様々なSNSの中でも突出したユーザー数、そして、「転発(リツイート)」機能を搭載したことによる拡散が目玉のウェイボー。最近では投稿最大文字数の制限も緩和され、YoutubeやInstagramといった動画、写真といったビジュアルコンテンツも得意とするSNSから目が離せません!中国の多くの人に未だ知られない日本のサービスや商品を紹介すれば、きっと訪日中国人の集客を促進してくれるでしょう。

訪日外国人集客にはSNSがおすすめです。
そのほか中国SNSに関するその他の情報はこちら
訪日観光客を呼び込め! Wechatの特色と機能 その1 LINEとの違い
訪日観光客を呼び込め! ウェイボーの持っている集客に役立つ機能 その1「#」ハッシュタグ

関連記事

  1. 数字で見る訪日観光客情報① 集客に直結する国別の動き

  2. そのままの使い方で大丈夫?weiboを長く使うために知っておきたいこと…

  3. 爆買い訪日外国人今はどこへ?

  4. 高野山奥の院になぜ?インバウンド集客の秘訣を探る!

  5. 中国向け電子決済システム導入料無料キャンペーン中……

  6. 「アフターコロナ」世界の動き