• インバウンドブログ
  • 訪日観光客を呼び込め! ウェイボーの持っている集客に役立つ機能 その1「#」ハッシュタグ

2019年6月10日

訪日観光客を呼び込め! ウェイボーの持っている集客に役立つ機能 その1「#」ハッシュタグ

 訪日観光客にわく大阪ですが、ドラッグストアの前には中国語による客引きが目立ち、飲食店のメニューも英語だけではなく、中国語による表記も目に付くなど、生活の様々なところで、その影響を見ることができます。ところが、案外知られていないのが中国のインターネット事情。グーグルもYahoo!もLINEもツイッターも使えないなんて日本人にはなかなか想像ができませんね。

  中国で最も人気のあるSNSの一つであるウェイボーは日本でいえば、ツイッターやFacebook、さらにそれにYoutubeを加えたような役割を担っています。旅行や買い物をしようとするときに、7.2億人にものぼるウェイボーのアカウントユーザーたちは、企業のプロモーション以上に人々の口コミを信頼する傾向にあります。特に、実際のコミュニケーションを好む中国のユーザーはFacebookのように投稿した記事のコメント欄で、細かく質問を投げかけることも少なくありません。Youtubeのように動画という視聴覚に訴えかけるメディアにも強く、ツイッターのように拡散力があり、Facebookのようなアカウントブランディングもしっかりできる。まさに最強のSNSと呼んでもいいかもしれません。今日はその中国SNSウェイボーの集客につながるような機能を整理して紹介してみようと思います。

「ハッシュタグ機能 」
 ハッシュタグは私たちが普段使い慣れている「#」を同様にキーワードにつけることで、アカウントのタイムラインとは別にそのタグに紐づけられた記事を一覧できるようにする機能です。ただし、ほかのSNSと違うところは「#」を頭につけるだけではなく「#ボーダレス#」のように「#」でキーワードをはさむような形で効果を発揮します。また、そのハッシュタグにはただ自然に存在するのではなく、管理することも可能です。特定の「#ボーダレス#」のようなキーワードのオーナー申請を行って、受理されればもれなくアカウントとは別に「#ボーダレス#」というハッシュタグのオーナになることができます。そして、さらにハッシュタグのオーナーにはその記事の順位を変えたり、ハッシュタグ内に表示しないようにする機能もついています。多くの人がアカウントのみならず、ハッシュタグで投稿するようになれば、そのハッシュタグを管理していくというのは企業のブランディングを管理するのに大きな役割を担ってくれます。

◆まとめ◆
 中国で高い認知度と、ユーザーから愛されているSNSウェイボーですが、公式アカウントを運用するだけではなく、ハッシュタグにも注目して、しっかりと管理していくことがブランディング、そして集客にも直接つながってくるでしょう。14億に迫りつつある人口を抱える中国だからこそ、これからも訪日外国人集客を望むのであれば、ウェイボーの細かい機能にも関心を寄せる必要がありそうです。

訪日外国人集客にはSNSがおすすめです。
そのほか中国SNSに関するその他の情報はこちら
訪日観光客を呼び込め! Wechatの特色と機能 その1 LINEとの違い
訪日観光客を呼び込め! ウェイボーの持っている集客に役立つ機能 その2 拡散機能