2018年訪日外国人データおよび関西におけるインバウンド傾向!

平成に代わる年号「令和」が発表されました。新年号の施行まで残すところあとわずか。ということで、2018年の大阪の訪日外国人についてのデータをまとめた以下の記事によれば、ネガティブ要因があったにもかかわらず、昨年一年間のトータルでは大阪を訪れた外国人の数は過去最高となったという。振り返ってみれば、様々なマイナス要因があったとしても、代わらず、右肩上がりで、関西圏にやってくる外国人観光客に対する対応が急務であることが分かる。

「2018年の来阪外国人客数が前年比3%増の1141万人を突破」

 大阪観光局は、2018年に大阪を訪れた訪日客が前年比3%増の1141万6,000人だったと発表した。観光庁の「訪日外国人消費動向調査」とJNTO「訪日外客数」をもとに推計したもの。

 2018年は関西国際空港を発着する格安航空会社(LCC)の新規就航や増便など追い風があった一方、6月の大阪北部地震、9月の台風被害に伴う関西国際空港の一時閉鎖などマイナス要因もあったが、年間を通してみると、7年連続の増加となった。

 国・地域別にみると、1位が中国で455万人、2位は韓国239万人、3位台湾122万3,000人、4位香港71万8,000人、5位タイ32万5,000人だった。前年比からの伸び率でみると、ベトナムが35%増ともっとも大きく、次いでシンガポールが26%増、ドイツとカナダが同じ22%増だった。一方、韓国、台湾、香港は前年比を割り込んだ。韓国、香港は東京でも前年比を若干割り込むと推計されており、リピーターが地方へ分散していると推測される。

 大阪観光局は2020年までにインバウンド客1300万人を目標にしており、今後もさらなる増加のため取り組みを強化していく。

出典:やまとごころ.jp (最終閲覧日:2019年4月10日)
https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/pickup/31397/


まとめ
昨年大阪6月に大阪北部地震、さらには9月に大阪を訪れる外国人にとってメインの足となっている関西国際空港が一時閉鎖されるなど、ネガティブ要因があったにもかかわらず、前年比3%増を記録した。このインバウンドの大きな流れは、東京オリンピック、そして、大阪万博に向けて加速していくに違いない。

関連記事

  1. 爆買い訪日外国人今はどこへ?

  2. 訪日中国人を呼び込め! 大衆点評の機能と導入が必要な理由 その1 マッ…

  3. 中国のゴールデンウィーク「国慶節」の動向とは・・・

  4. 訪日観光客を呼び込め! ウェイボーの持っている集客に役立つ機能 その1…

  5. 知っておくべき中国のSNS事情 その2 -中国人ユーザーが求めるものと…

  6. お中元の由来「中元節」知っていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。