免税売上高は訪日外国人が増えている大阪地区は前年同月比5.8%増だった。

日経新聞6月20日の記事によると訪日客向けの免税売上高は前年同月と比べ42.8%増の約193億円となり、6カ月連続で前年実績を上回った。これまで客数増が売り上げ増をけん引していたが、購入単価も9.7%増の約6万5000円だったそうです。

それに、商品別では、衣料品が3.1%減だった。一方、訪日外国人向けの化粧品などが好調で、雑貨は7.0%増だった。地域別では東京地区が1231億円で、前年同月比1.1%減と10カ月連続で前年を下回った。一方、関西空港の格安航空会社(LCC)専用ターミナルができ、訪日外国人が増えている大阪地区は5.8%増だったそうです。

訪日観光客が今後もますます増えていくだろうが、インバウンド対策を行っている業者さんの売り上げも右肩に上がっていくのだろう。

あなたのところ訪日観光客を迎える準備はできていますか。

引用元: http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL20HQK_Q7A620C1000000/

関連記事

  1. 知っておくべき中国のSNS事情 その2 -中国人ユーザーが求めるものと…

  2. 中国のゴールデンウィーク「国慶節」の動向とは・・・

  3. 大阪万博へ始動!

  4. お中元の由来「中元節」知っていますか?

  5. 「ベジタリアン」=「菜食主義者」だけじゃない。「ベジタリアン」への正し…

  6. 数字で見る訪日観光客情報① 集客に直結する国別の動き